手術痕が目立たない

脂肪吸引と傷痕について

印のついたお腹

ダイエットの経験をしたことのある人は一度は脂肪吸引を試してみようと考えてことがあるはずです。 激しい運動も、厳しい食事制限もなく痩せることができるのだから当然です。 しかし、それを踏み切れない理由がいくつかあります。 その一つが傷です。 脂肪吸引するときはカニューレと呼ばれる管を差し込む必要があり、その挿し込み口をメスで切らなくてはなりません。 当然、その後に傷跡が残ります。 でも、傷が目立ちにくい箇所に目立ちにくいようにメスを入れるのです。 たとえば、脇のシワに沿ってメスを入れることもありますし、ヘソの中にメスを入れることもあります。 他にもフェイスの脂肪吸引をするときは鼻の穴のなかにメスを入れることもあります。

何よりも美容のために

このように美容クリニックではメスを入れる場所に工夫を凝らしているわけです。 脂肪吸引でつける傷そのものも小さいため、一般の人々が思っている以上に傷は目立ちません。 そのため、脂肪吸引しても水着姿になって遊びに行くことも何ら抵抗なくできるはずです。 そもそもダイエットの目的の多くは健康のためと言うよりも美容のためです。 脂肪吸引する目的でも同じことです。 手術痕が目立ってしまっては、脂肪吸引する意味が失われてしまいます。 だからこそ、美容クリニックではただ脂肪吸引するだけでなく、手術後の見た目に対しても配慮されています。 それでも不安があると言うならば、一度美容クリニックで医師に相談してみるといいかもしれません。